車検でかかる費用の内訳


車検の相場はだいたい10万円から15万円くらいです。ただ、金額は車の大きさやどこで車検を受けるかによって変わるものです。
また、車検の費用の内訳は「法定費用と整備代」となっており、法廷費用に関してはどこで受けても必ず必要になる金額となっているので、金額は一律です。

つまりは、車検費用に差が出るのは整備代で、整備代は部品交換代とほぼ同じとなっています。なので、車検を自分で行えば法定費用だけの負担となるでしょう。
しかし、自分で車検ができる人はかなり限られるので、普通は車検をディーラーや専門店、ガソリンスタンドなどにしてもらうでしょう。

●車検の費用について
車検を受けられるのは、ディーラー、車検専門店、民間整備工場、カー用品店、ガソリンスタンド、などです。
一番安くなる可能性があるのは車検専門店や民間整備工場ですが、最も料金が高くなった際に安くなるのはカー用品店かガソリンスタンドです。
また、どこが安くなるかは見積もりによって分かりますし、見積もりは無料で行ってもらえますから、車検の費用を比較してからどこで車検をしてもらうかを決定するといいでしょう。
なお、法廷費用は平均で5万円前後となります。

ちなみに、ディーラーは料金的には高くなりがちですが、車検の点検項目以外の部分までもしっかりとチェックしてもらえ、無理な部品交換もしませんので、クオリティを求めるのであれば、ディーラーに依頼するといいでしょう。

●法定費用の内訳
では次に、法廷費用の内訳を見ていきましょう。前述の通り、平均では5万円前後になりますが、エコカー減税対象者かどうか、車の重量によって税金は変わってきます。
なお、内訳としては三つに分類され自動車重量税、自賠責保険料、検査手数料になります。

・重量税
自動車重量税は、軽自動車、それ以外では500㎏ごとに最高3000kgまでで料金が決まっています。さらにそこにエコカー減税が適用されているか、エコカーかどうか、エコカー以外であれば、減免があるかないかで料金が変わるので非常に複雑になっています。
ただ、エコカー減税適用者である時が最も安くなるようになっており、さらに軽自動車か500kg以下の車であれば、たったの2500円とかなり安くなります。

・自賠責保険料
自賠責保険料は、車検ごとに入る保険のことです。だいたい24か月分の料金が標準的とされています。
保険料に関しては普通自動車と軽自動車で分けられており、24か月分であれば、普通自動車が27840円、軽自動車であれば26370円となります。

・検査手数料
最後の検査手数料は、新規検査か継続検査科、小型か普通自動車かによって違います。
新規検査で小型自動車であれば2000円、普通自動車であれば2100円、継続検査の小型自動車であれば、1700円、普通自動車であれば1800円となっています。
さらに、自動車検査章、検査標章の再交付のために300円がかかります。なお、新車購入時以外で車検を出す際には継続検査となります。