車を高く売る」カテゴリーアーカイブ

車を売る時に印鑑証明が2通必要になる理由

車を買い取りに出す際、印鑑証明が1通必要な場合と2通必要だといわれる場合があります。
印鑑証明は車の売買や不動産の売買など重要な場面で使うものですから、万が一悪用されたら大変です。

そのため、印鑑証明を多く要求してくる買い取り店は危ない店なのではないかと不安に思う人は多いです。
しかし、店や地域によっては買い取りに2通の印鑑証明が必要になる場合もあります。今回は、なぜ印鑑証明の必要枚数に違いがあるのかを説明します。

印鑑証明の用途
車の名義変更には必ず印鑑証明の原本が必要になります。どこの買い取り店に売却しても必ずこのための印鑑証明が1通必要になります。

もう一つの用途は自動車税の還付金請求権利の譲渡のためです。買い取り店が還付金請求を行う場合は、権利の譲渡のために印鑑証明が必要になることがあります。

自動車税の還付金返金請求権利の譲渡とは
車を所有したら毎年自動車税を納めなければなりません。
車を売った場合、車を所有しているのは買い取り店になるため、翌年度の自動車税は買い取り店が払うことになります。

自動車税を支払う義務については、名義変更で持ち主が変われば新しい持ち主に移ります。しかし自動車税の還付金返金請求権利については別に手続きが必要となります。権利譲渡のために手続きには印鑑証明が必要になるのですが、地域によってはコピーでも良い場合もあります。

自動車税の還付金返金請求ついて
以前は、住んでいるのとは別の都道府県の販売店に車を売った場合、自動車税の返金請求を行うことができました。しかし平成18年以降制度が変更になり、廃車の場合のみ返金請求を行えるようになりました。

つまり、還付金返金請求を行う買い取り店は、買い取った車を廃車にする予定だということです。なぜわざわざ廃車手続きを行うのかというと、車の売却先に理由があります。

海外に中古車を売る場合、次の車検を受けないという手続きが必要になります。そのためには一度廃車手続きを行う必要があるのです。一度廃車にするということは還付金返金請求を行うことができ、そのためには請求権利の譲渡の必要があります。

自分が納めた税金の返金請求を買い取り店が行うのは損になるのではないかと思うかもしれませんが、返金分についてはすでに上乗せされた金額で買い取りが行われているはずです。気になる場合は、査定時に確認して置くと良いでしょう。

印鑑証明が2通必要になる理由
車の買い取りに印鑑証明2通必要になるのは、買い取った車を海外に売る可能性があり、なおかつ都道府県で自動車税の還付金返金請求権利の譲渡に印鑑証明の原本を必要としている場合です。
車を海外に売る予定がない場合や、印鑑証明のコピーで返金請求権利の譲渡が行える都道府県の場合は、車の名義変更用に1通の印鑑証明があれば十分です。
地域や車の売却先によって事情が異なるため、印鑑証明の必要枚数に差が生じています。印鑑証明を2通要求しているからといって、危ない店という訳ではありません。

買い取り店で印鑑証明が2通必要だといわれ、不安に感じた場合は、お店の人にその理由や使いみちを質問してみると良いでしょう。優良な買い取り店なら丁寧にこうした理由を説明してくれるはずです。

車を売る前に車検に出すべき?

車を売る時は、できるだけ高く売りたいものです。
車検を近くに控えた車の場合、車検を通してから売るのと、車検を通さずに売るのとどちらが良いのでしょうか。

車検にはお金がかかりますが、車検を通したあとの方が査定価格は上がりそうにも思えます。
車検に出さずに買い取りに出すのと、車検費用を払い、その後に買い取りに出すのとではどちらが特になるのでしょうか?
今回は、この2つを比較しながら、車を高く買い取って貰うための方法について考えてみましょう。

◯車検にかかる費用
車検にかかる費用は「法定費用」と「車検基本料」の2つに分けることができます。

法定費用は、「自賠責保険料」「自動車重量税」「印紙代」の3つによって構成されています。これはどこで車検を受けても同じです。費用は3万円から7万円程度です。

車検基本料はディーラーの検査料で、依頼先によって金額には幅があります。2万円程度のところもあれば、10万円ほどかかる場合もあります。

法定費用と車検費用の相場から車検にかかる費用を考えると、おおよそ5万円から17万円であるということが分かります。

◯車検の有無と車の買い取り価格
次に、車検が車の買い取り価格に及ぼす影響について考えていきましょう。

車検の有無による価格差の方が車検費用の相場(5万~17万円)よりも高ければ、車検を通した方がよく、反対ならば車検を通さない方が得だということになります。

では、人気車種の車検の有無による価格差を確認してみましょう。
・トヨタ ボクシー:4.9万
・ホンダ フィット:4.6万
・日産 セレナ:3万
・トヨタ プリウス:2万
・ホンダ フリード:2.8万
・日産 ノート:1.6万
・マツダ デミオ:1.2万
・スズキ ワゴンR:1.1万
・ダイハツ ムーヴ:1.1万

車検を通したあとの方が買い取り価格は高いのですが、最も差がある場合でも5万円弱、差が少ない場合でも1万円程しか買い取り価格に差はありません。
車検には最低でも5万円かかることを考えると、車検を通してから売りに出すのは損であるということが分かります。

◯車を高く売るには?
車を売る前に車検に出して得どころか、損をしてしまうということが分かりました。
では、少しでも車の買い取り価格を上げるにはどうしたら良いのでしょうか?

車を高く売るためのおすすめの方法の一つが、一括査定を利用することです。
複数の価格に査定して貰えるため、一番高く買い取ってくれるところを見つけやすいです。一括で申し込みできるため、手間も時間もかかりません。

(参考)無料一括査定サイト人気ランキング【2018年版】

1位:かんたん車査定ガイド

2位:カーセンサー.net簡単ネット査定

車を高く売るために、車の査定額をアップさせる方法を知ろう

●車を高く売る前に、最低限行っておくこと
車を手放す際に、最良の手段と言えるのは、今現在持っている車を売ることです。そうすれば、売却して手に入れたお金を、新しい車を購入する際の資金に充てることができますので、非常にお得ですね。
ただ、売却をするのであればできるだけ高く売りたいと思うようになるでしょう。ワックスをかけるなどして、細かい傷を目立たなくさせたり、見栄えを良くしたり、私物を無くし、洗車や車内のゴミを無くすだけでも査定額が下がるのを抑えることができます。
これらのような、車を綺麗しておくことは車を売却する上での最低限のマナーであり、やっていなければ査定価格が下がってしまうだけです。つまりは、査定価格を上げるためのテクニックではありませんので、以下の四つのテクニックを知って、実践しておくといいでしょう。

●査定額をアップさせる四つの方法
車の査定額を上げる方法は全部で四つほどあります。

・車内の臭いを除去しておく
まず一つは、車内の臭いを除去しておくことです。しかし、臭い程持ち主である自分が全然気が付かないものはありません。それでいて、他人からすれば気になってしまうものですので、自分は大丈夫でも案外他人が気にしているために、査定価格を下げられてしまうということも良くあるのです。
特に気になる匂いとして挙げられるのは、煙草やペットなどの臭い、香水や芳香剤などの香りはいいのにキツイ臭いを発するものです。
これらを無くす方法としては、カー用品店で購入することのできる消臭グッズが一番です。値段もそこまで高くはありませんので、安い値段で査定価格を上げることができるので非常におすすめですよ。

・傷やへこみはそのまま出して査定をしてもらう
大きな傷やへこみがあるのをそのまま放置して、査定をしてもらうと値段が下がる、そう思っている方も多いのではないでしょうか。
しかし、実際にはそのままの状態で査定に出した方が、金銭的には必ず得をします。なぜかと言えば、単純に修理費が高くなるので、折角の売却益をかなり損なってしまうことがあるからです。当然、修理をしたからと言っても、その料金を上乗せしてくれることはありません。
確かに、それらによってマイナスの評価を受けることはありますが、下がった利益分と修理費を比較すると、修理費の方が高くなるのはかなり良くあることなのです。さらに言えば、査定をする買取業者の多くは、整備工場で安く修理ができるので、査定額もあまり下げません。なので、傷やへこみがあってもそのまま査定をした方がいいのです。

・車検には出さない方が出費を減らせる
また、車検も同様に車検にかかるお金を考えると、車検を出してからよりも、出す前の方が利益を上げられます。車検の費用を払わなくなるだけでもかなりお得になりますので、車検日が近いのであれば、できるだけ早く売ってしまった方がいいでしょう。
また、車検は査定にはほとんど影響がありませんので、気にする必要もないのです。

・社外品やオプションは買取評価が上がる
カーナビやエアロなどの、メーカーのオプションや社外品などが付いている場合は、その料金を上乗せしてくれるように、高額査定をしてもらえることがほとんどです。
一部の社外品に関しては、マイナスの査定となってしまうことがあります。そのような場合はディーラーに下取りを出す場合に限りますが、中古車買い取り専門業者であれば、社外品も高値で買い取ってもらえます。
当然、メーカーオプションの純正品であれば、どのような物であっても、プラスに査定されますので、それらが付いていればかなりお得になることを期待してもいいでしょう。

●事故車は必ず申告しておこう
事故車は確実に査定額が減るマイナス要素となります。だからと言って、そのことを申告せずに査定を受けることにメリットはありません。
なぜならば、事故車かどうかは査定をする際に必ず知られてしまうことだからです。黙っていれば当然車の印象も悪くなりますので、余計に査定価格がマイナスされてしまうことでしょう。
ですので、事故車であっても、そのことをきちんと申告しておいた方がいいと言えます。そうした方が、問答無用に査定価格を下げられてしまうという事態を避けられ、結果として損をし過ぎないようになり、得をするのです。
なお、メーターの交換や改ざんなどをしても、それらも結局はバレてしまう可能性が非常に高いので、止めておいた方がいいでしょう。

●複数の買取業者に査定をしてもらって、適切な価格で売ろう
なお、より高く売りたいのであれば、1社の査定だけではなく、複数の中古買取業者などに依頼をして買取査定をしてもらう方がいいです。
何か物を売却する場合には、ほとんど共通することですが査定価格はその業者ごとに違うのが基本です。安く査定価格を出す業者も、高い査定価格を出してくれる業者もあります。車の場合は数十万円もの違いが出る場合もあります。複数の業者に査定をしてもらわないと適正価格なども分かりませんので、大きく損をしてしまうことを避けることもできますので、ぜひとも、複数の業者に査定してもらうことは忘れないようにしましょう。
なお、車の査定には無料の一括査定が行えるサイトも用意されています。そちらを利用すればいちいち業者に連絡をして査定をしてもらう手間も時間も省くことができるので、ぜひともそちらを利用するように心掛けましょう。

車売る やることなすこと

会社に入って2年目の終りに自動車を購入しました。その車は、マツダのロードスターでした。気に入っていてできればずっと乗っていたかったのですが、生活環境が変わる為、手放さなければならなくなってしまいました。

どうせ売却するのであれば、できるだけ高く売りたいと思い、まずはインターネットの簡単見積や中古車情報サイトを中心に、自分の車と同程度の条件の車がどのくらいで販売、買取されているかを確認しました。
調べていると、大体120万円前後が相場と言うような雰囲気でした。

そこから買取店との交渉をスタートしました。まずは、マツダ系ではない別のディーラーで、試乗のついでに見積をお願いしました。すると、下取価格で120万円丁度という回答を貰いました。一声でここまでの数字が出たので、もう少しは上がると読んで今度は中古車買取の専門店で査定をお願いしました。

その際に、他店での見積結果を聞かれたので、大体130万届かないくらいというように答えました。その結果出た回答額が130万円丁度でした。そこからもうひと押しして最終的には、131万円で売却しました。
価格としては、妥当な額で決まったと感じています。それほど、時間を掛けたり駆け引きをしたわけではないので、手間を掛けずに引き出した額としては、良い線だっただと思います。